中島 嘉一

コスパ・テクノロジーズ CEO

36Kr Japan 顧問

日中SNS総フォロワー 5万人+

中島 嘉一

コスパ・テクノロジーズ CEO

36Kr Japan 顧問

日中SNS総フォロワー 5万人+

About me

愛媛大学情報工学科卒業後、船井電機株式会社に入社し、同社の中国拠点にてシステムエンジニア兼製造顧問として勤務。

同社を退職後、上海にて起業し、Web制作やWebマーケティングに従事、中国生活10年を経て帰国。2016年 株式会社レクサーを設立。百度(バイドゥ)の日本法人やアリババクラウドのパートナーとして、中国10年以上の経験を活かし、特殊なウェブ環境にある中国向けのソリューションを提供。

2018年には中国No1スタートアップメディアである36KrとJVで株式会社36Kr Japanを設立し、代表取締役に就任。36Kr(36kr.com)の日本版(36kr.jp)を開設し、中国のビジネスモデル、先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況などを発信するほか、中国企業との業務/技術/資本提携やM&Aをサポート。
2019年3月より36Kr Japan社の顧問となり、2019年5月には36Kr社と日本経済新聞社とのグローバル資本業務提携をアレンジした。

自らの経験に基づき、中国企業と日本企業とのシナジーを生み出すために、2019年6月にレクサー社をプラスチャイナ社と社名変更しシードで資金調達して日中B2B検索エンジン型プラットフォーム「捜日/ソウニチ」を開発。

会社のミッションを「日中ビジネス拡大に貢献 – ニッポンの中国ビジネスをバックアップ」とし、日本企業に「中国への売上をもっとプラスしたい」いう思いで、日本流の繊細さと中国流のスピード感を併せ持つサービスを提供。

中国ビジネスに関するセミナーやイベントに登壇するほか、Twitter で5,000名、note で 15,300名、YouTubeで3,700人のフォロワーを擁し、中国ビジネスに関する情報を発信中。また中国のbilibili動画や中国のSNSでも2.3万人のフォロワーを獲得している。

2020年10月に株式会社コスパ・テクノロジーズに社名を変更。「ニッポンの生産性を向上させる!」ことをミッションとしている。

Fun Facts
5,000+
15,000+
25,000+
Resume
職歴
株式会社コスパ・テクノロジーズ
2020年 -
株式会社コスパ・テクノロジーズ
代表取締役

株式会社コスパ・テクノロジーズは、多言語サイト制作や海外向けオンラインマーケティングに強い、東京のホームページ制作会社です。2012年に中国上海で創業し、2016年に日本に帰国後、大手企業や中小企業の案件を多数手がけてきました。「文化の違い」を熟知している国際経験豊富なメンバーが、海外のユーザーに「思いが伝わる」企画を立案実行しています。
中でも中国向けでは、ホームページ制作やサーバー構築、情報発信に関するノウハウがあり、「日本からは見えるのに中国からは見えない」「中国からも見えるが、表示されるまでに非常に時間がかかる」「中国向けの広告配信やSNS運用が難しい」などの課題にも積極的に対応しています。
「多くの企業の海外展開を手助けしたい」という思いから、海外向けマーケティングのハードルを下げるために、指定テンプレートを使った廉価な多言語ホームページ制作プランも用意しています。

プラスチャイナ株式会社
2012年 - 2020年
プラスチャイナ株式会社
代表取締役

百度(バイドゥ)の日本法人やアリババクラウドのパートナーとして、中国10年以上の経験を活かし、特殊なウェブ環境にある中国向けのソリューションを提供。

自らの経験に基づき、中国企業と日本企業とのシナジーを生み出すために、2019年6月にレクサー社をプラスチャイナ社と社名変更しシードで資金調達して日中B2B検索エンジン型プラットフォーム「捜日/ソウニチ」を開発。

会社のミッションを「日中ビジネス拡大に貢献 – ニッポンの中国ビジネスをバックアップ」とし、日本企業に「中国への売上をもっとプラスしたい」いう思いで、日本流の繊細さと中国流のスピード感を併せ持つサービスを提供している。

株式会社36Kr Japan
2018年 - 現在
株式会社36Kr Japan
創業&CEO → 顧問

中国No1スタートアップメディアである36KrとJVで株式会社36Kr Japanを設立し、代表取締役に就任。36Kr(36kr.com)の日本版(36kr.jp)を開設し、中国のビジネスモデル、先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況などを発信するほか、中国企業との業務/技術/資本提携やM&Aをサポート。

2019年3月より36Kr Japan社の顧問となり、2019年5月には36Kr社と日本経済新聞社とのグローバル資本業務提携をアレンジした。

船井電機株式会社
2005年 - 2012年
船井電機株式会社
中国拠点製造部門長

中国拠点で生産性改善、生産管理、労務管理、工場経費管理を行う。
製造部門長として5000人の組織を管理。

お問い合わせ
X